トップページ
トップページ

Chiakiの365日レシピ

七草粥の中に入る春の七草のひとつ、蕪。
別名は『すずな』と呼ばれます。

根の部分だけではなくて葉の部分もさっとゆがいて食べたり、炒めてシャキシャキとした食感を楽しめます。
寒い冬に欠かせない体を温めるスープ。
ミネストローネは野菜をたっぷり使うから栄養も沢山摂れます。
余った野菜を入れたり、豆をプラスしたりと具沢山スープにしましょう!
簡単なのにシャキシャキで美味しい!
弁当のおかずとしても作り置きしておいても良い一品です。
タラコの香りが炒める事でより強調されて美味しい炒め物となりました。
春菊だけのシンプル白和えなのにとっても美味しい!
水炊きなどのシンプルなものにもぴったりな白和えです。
好みでゆずを散らしていただいてもまた、美味しい!
シンプルな水炊きは疲れている時の味方!
柚子を散らして冬の料理を存分に楽しみましょう。
ポン酢をつけてさっぱりといただくとほっとするひと鍋になりますよ。
通年出回っているタラコなので、時期を知らないと言う方もいらっしゃるのでは?
タラコの旬は11月~1月の寒い時期にかけてです。12月頃に成熟してより美味しくなると言われています。
鍋が美味しい季節。冬の代表野菜である春菊は日本の鍋料理にとってもかかせない野菜の一つです。
鍋はもちろん、天ぷらや胡麻和え、おひたしや付け合わせなどにもぴったりの野菜です。
苦みがしっかりとあり、栄養も豊富です。β―カロテンが豊富で抗酸化作用があり、がん予防に良いと言われています。
薬味をたっぷりと入れたサラダは、濃い味の味噌煮込みにもぴったり合います。
シャキシャキと食べられるので、食感がまた癖になりますよ。
味噌煮込みうどんと言えば、白菜のお新香をそえます。
冬の香りであるゆずを散らして香りを楽しみながらさっぱりいただける一品です。
名古屋の郷土料理、味噌煮込みうどんを作ってみましょう!
八丁味噌を使うと濃厚なソースがうどんに絡んで冬に食べたくなる定番になりますよ。

Pages