Chiakiの365日レシピ

鍋が美味しい季節。冬の代表野菜である春菊は日本の鍋料理にとってもかかせない野菜の一つです。
鍋はもちろん、天ぷらや胡麻和え、おひたしや付け合わせなどにもぴったりの野菜です。
苦みがしっかりとあり、栄養も豊富です。β―カロテンが豊富で抗酸化作用があり、がん予防に良いと言われています。
薬味をたっぷりと入れたサラダは、濃い味の味噌煮込みにもぴったり合います。
シャキシャキと食べられるので、食感がまた癖になりますよ。
味噌煮込みうどんと言えば、白菜のお新香をそえます。
冬の香りであるゆずを散らして香りを楽しみながらさっぱりいただける一品です。
名古屋の郷土料理、味噌煮込みうどんを作ってみましょう!
八丁味噌を使うと濃厚なソースがうどんに絡んで冬に食べたくなる定番になりますよ。
冬には欠かせない代表的な野菜、大根。
風邪をひきやすいこの時期は大根を食べることも増えるのでは?
ベーコンもたっぷり入れてあさりもふんだんに使用したあさりのスパゲッティー!
緑が欲しい方は水菜を上に飾っていただいても美味しいです。
シンプルで、優しい味に仕上がります。
材料も少しで良いので、白だしを使うと簡単、便利!
余ってしまう白だしは定番の肉じゃがで使ってみては?
スーパーでも見かける鯛の頭やあらの部分。
実は本当に美味しい出汁がでます。
是非是非作っていただきたいのは鯛飯!
豪華な一品になること間違いなしです。
材料が少ないのにしっかり味付けできます。
ご飯と食べると冬を感じられる一品になるはず。
はじめにごま油で炒めるのがポイントです。
シンプルで簡単なのに新食感!
蕪を生で食べるとシャキシャキで美味しい!
この時期の蕪は本当に甘味もしっかりとあり、辛味も感じられるので柚子胡椒にぴったりです。

Pages