Chiakiの365日レシピ

メキシカンと言えば、やっぱりワカモーレ!
酸味はライムで作りますが、今回は手に入りやすいレモンで作ります。
パクチーもたっぷり加えていただきましょう!
ワイワイと盛り上がるテーブルにぴったりの海老とアボカドの一品。
相性抜群の海老とアボカドは、トルティーヤやバゲットなどに合わせてもまた、ボリュームある一品になりますよ!
普段あまり登場しない金時豆も、メキシコ料理で夏の食卓も華やかに!
金時豆が手に入らないときは、大豆やひよこ豆で代用しても美味しくいただけます。
カレーにはやっぱり福神漬けですね。
家で作ると、自然な味が楽しめるのでおススメです。
和のカレーですので、昆布を入れて作りましょう。
ご飯にも良く合います。
体調管理をしっかりしたいときは、生姜で体を温めて、リンゴの栄養をしっかり摂れる根菜カレーがおススメです。
甘さはリンゴの量で調節し、辛さはカレー粉で調節しながらお好みの味を見つけて下さいね!
夏は、ネバネバとした野菜類で夏バテ解消!
梅でさっぱりと頂きましょう。
豆腐も冷蔵庫でしっかり冷やしてボリュームたっぷりとした一品として食卓へ!
度々レシピでも登場しているバジルは、馴染みのあるハーブとして洋食の香りを引きたたせてくれます。
バジルは古くから薬草として知られ、さまざまな効能があります。
ブルーチーズの香りとイチヂクの甘みがとっても合い、ワインなどに合わせると豪華でオシャレな食卓になります。
ブルーチーズが苦手な方はカマンベールなどに変えても美味しい!
今回は生地も手作りできるレシピになります。
時間がない方は市販の生地にのせてお召し上がりください。
ピッツァ生地は意外と簡単!自宅で焼きたてのピッツァが食べられるなんてとっても贅沢ですね。
好きな具材をのせて食べていただきたい生地をご紹介します。
1日目はのせるだけのチーズたっぷりピッツァです。
代表的なイタリア料理の一つですが、ディアボラ風は、『悪魔風』を表し、鶏を一羽開いた状態で悪魔の姿のように焼いたものを言います。
または、悪魔のように燃え上がるようなピリピリと辛い材料を使用します。
今回は、スパイシーな鶏を楽しんで!

Pages