Chiakiの365日レシピ

難しそうな伊達巻も、オーブンで焼けば簡単に作れます。鬼す(巻きす)があれば、お店のような形に作ることができます。伊達巻は、着物の巻きに似ていたことや、伊達政宗が好んで食べていた事から伊達の名を付けたと言われています。めでたい時にぴったりの料理です。
昔に比べると、サツマイモがとても甘く、沢山の砂糖を使わなくても良くなった気がします。実家の栗きんとんは、畑で採ってきたサツマイモに栗の甘露煮を加えるとてもシンプルなきんとん。優しい味なのでとても食べやすいですよ!
彩にも欠かせないのは紅白なます。冬野菜の代表、大根を使い水々しい味を味わって下さい。味はゆずを入れたり、他の野菜を入れたりしても良いですね。
しわが寄るのも、めでたさのうち。黒豆には『まめに働けますように』と込められた、おせち定番のメニューです。今回は甘さが控えめな土鍋で煮るレシピにしてみました。
クリスマスには、ケーキ屋さんで切株型のブッシュドノエルを購入される方も増えてきました。更に色々と飾りつけをして、クリスマスケーキを自宅でも手作りしてみてくださいね!
ポイントはメレンゲの泡立て方!きめ細かい生地にするなら、しっかりとメレンゲを泡立てて。スポンジは焼いてから一日おいてから食べると、よりしっとりとした生地でいただけますよ。今回は生地編。明日はブッシュドノエルに成形します。
一品足りない時には漬け込むだけで簡単に出来るイカの姿焼き。漬け込み時間は30分以上漬け込んでから焼いて、焼き時間も焼きすぎないようにすると、柔らかく食べられますよ!
また、作りたくなる炊き込みご飯。秋の味覚を中に入れて、炊き上がった時の香りがこの時期になると食べたくなる一品です。是非、秋の香りをお楽しみ下さいね!
お腹の調子が優れない時、体温まる湯豆腐で決まり!友人や家族と食卓を囲む時はつけダレにピリッと辛く豆板醤を加えて。体もポカポカになりますよ!
カブは冬の代表食材の一つ。煮たり焼いたりも美味しいですが、サラダや漬物にしても美味しくいただけますね。

Pages