Chiakiの365日レシピ

豆乳鍋の素を使うと、とっても簡単に担々麺が作れます。
だしがしっかりとしているので余計なものを入れず、具材で味をつけて。
よく混ぜながら食べるのがポイントですね!
和風の鍋を洋食に!豆乳鍋をもとにしているので、まろやかな味に仕上がります。

リゾットは、鍋をした次の日に食べてもおいしいです。

簡単に作るなら、炊いたご飯をいれておじや風に仕上げるのもオススメです。

鍋の季節がやってきました!

いつも同じ味になりがちなときや、具材が少し余ってしまった時に使えるレシピを一挙ご紹介します。

まず始めは豆乳鍋のご紹介ですが、さっぱり食べたいときに、こんなレシピはいかがでしょう。

「菌活」とは、腸内環境を整える「菌」類を積極的に取り入れる食生活のことを指し、美容効果や健康増進を目的としたものです。

今回は、この「菌活」についてご紹介します。

栄養面でいえば、柿はビタミンCがたっぷり。
日ごろ不摂生でビタミン不足になりがちな方は、この時期、風邪などの感染症の予防のために、ぜひ食べておきたいところ。
おなかも膨れる塩味おやつ、おやき。
中身は甘いものにしても、冷蔵庫の残りで炒めたものでも作れます。
今回は中華風にして、夕食の一品として食べても良いですね!
お砂糖=太ってしまう。と言う印象もありますが、お砂糖は生活の中で必要な役割を果たしてくれています。

まずは、お砂糖は脳のエネルギー源になります。
醤油味の大学芋は和の味と香りが美味しい!
サツマイモが沢山とれる時期に、スイーツまでサツマイモ料理を楽しみましょう。
ゴマもたっぷり入れて食べてみてはいかがでしょう。
人参を美味しく食べる、沖縄家庭料理の一つ。
中に入るものは応用して、ツナ缶などを入れてもよいですね!
「しりしり」とは、縦に千切りした沖縄の方言になります。
寒くなってくると、自然と温かい、ぐつぐつとしているお鍋を思い浮かべることはありませんか?

熱々の鍋から、トロっとした白ネギを食べるのも鍋の季節ならでは。

Pages