Chiakiの365日レシピ

食事のプラス一品に、もの足りない食後に、ほんのり甘いサツマイモのフルーツサラダ。
缶詰を使えば簡単に作れますが、もちろん新鮮なフルーツを使ってもおいしくいただけます。
カボチャがたくさん出まわるこの時期は、冷蔵庫で余らせてしまうこともあるのでは?
今回は、いつもと違うレシピに、洋風の味噌スープで仕上げてみました。冷やしても温めてもいただけるように、ミルクを入れてまろやかに仕上げました。
秋の野菜をふんだんに食べたいときは、すべて蒸して食卓へ。簡単でボリュームもあり、心も体も大満足♪ ご紹介するゴマクリームも、あらゆる野菜に合う絶品です。
カナダに留学していた頃、日本の味が恋しくなると食べていた味。日本の寿司とはまったく違うのですが、いまだに食べたくなることがあります。そんな洋風の寿司は、日本人もビックリしてしまうアイディアですが、作ってみるととても楽しいですよ!
ゴボウがおいしくなるこの時期。シャキシャキのゴボウのきんぴらを作りましょう!
アクがよく出るゴボウは、しっかりと酢水にさらし、アク抜きをすることで臭みが抜けて食べやすくなります。
消化によいおかゆに雑穀をプラスした栄養満点のおかゆ。今回は、二種類のおかゆの分量をご紹介します。かつおぶしのふりかけ(10/2レシピ参照)や梅干しや塩昆布など、色々な味でお召し上がりください。
私が学生の頃から大好きだった揚げ出し豆腐。その当時、お店でいただいた味を思い出しながらレシピをつくりました。揚げたての揚げ出し豆腐に、大根おろしと生姜をたっぷりかけてお召しあがりください。
寒くなってくる季節に食べたい根菜類。体を芯から温めて冬の寒さに備えましょう。
今話題になっている豆腐クリームは根菜類に合う味噌いり。隠し味ににんにくをいれて、チーズをかけて焼き色をしっかりつけたら、和風グラタンの完成です!
じっとしていても汗がふきだすほど暑い夏から急に、冷えを感じる秋の季節となりました。
寒暖の差が激しく、風邪をひいたり体調を崩される方も多い季節の変わり目ですが、そんな時期にはその季節に合った食材で体のバランスを整えるがオススメです。
カルシウム、食物繊維が豊富なひじき。女性に嬉しい栄養素がたっぷりで、そのうえ低カロリーです。
具材はお好みで色々と変えたり、ひじきの煮物を作りおきしておくと、卵焼きやご飯に混ぜたりと、様々なレシピに応用がききますよ。

Pages