Chiakiの365日レシピ

定番の中華風卵スープにカニ缶を入れて、ボリュームある一品にしました。
カニ缶をホタテ缶などに変えても良いですね!
とろみをつけて喉越しも良くしましょう。
卵が余ってしまいそうなときは、全部煮卵に!と思ってしまう程人気メニューです。
そのままおつまみとしても、ラーメンなどの付け合わせにしても豪華になります。
竹の皮を用意するのは難しいけど、中華ちまきに挑戦してみたい方も、クッキングシートを使用するとくっつかず、上手く蒸すことが出来ます。
お弁当としても持ち運びしやすいのでお勧め!
パクチー料理の最後は、パクチー鍋です。
パクチーが沢山手に入ったら是非作っていただきたい夏の鍋です。
一味違った鍋料理を楽しみたい方にもお勧めです。
根っこまでパクチーを使える肉団子です。
肉団子は次の日のパクチー鍋のだしとして、そのままソースと絡めて一品として頂いても!
余ったらお弁当に入れても良いですね。
パクチーと言えばやっぱりフォー!
ベトナムの定番麺料理です。
夏が近づくと食べたくなる味ですが、作り方も結構簡単。
スープが出来ればトッピングする具材で楽しめる一品です。
鶏もも肉は皮目をパリッと焼いてレモンの酸味と合わせましょう。
ココナッツオイルで焼くとパクチーととても合います。
味付けはシンプルに塩、胡椒に。
春雨とパクチーの相性はバッチリ!
食感と香りが箸を止まらなくさせる一品になります。
冷蔵庫に入れると固まってしまうので、作ったその日に食べるようにしましょう。
サニーレタスや水菜などシンプルなものに合わせても美味しいエスニックなドレッシングが出来上がりました!
パクチーが使い切れない時にでも作り置きしておくと便利ですよ!
夏の暑いときに食べたくなる独特な香りと味、パクチーは、大好きな方もいらっしゃれば大の苦手と言う声も聞きます。

Pages