トップページ
トップページ

Chiakiの365日レシピ

通年、スーパーなどで出回っているカボチャですが、日本のカボチャの旬は夏。
昔は砂糖を入れてコトコトと煮て煮物にする事もありましたが、今のカボチャは西洋カボチャが出回り、砂糖を使わずに短時間で煮てもとても甘く食べられます。
もう一品欲しい! と困ったときのお助けメニュー。サラダがわりに、前菜に、お酒のお供にどうぞ。
夏の紫外線で気になるのは、肌荒れや日焼け。そこでお勧めしたいのは、トマトの効果!紫外線を防ぐ効果、アンチエイジングにもなります。夏の野菜なので、摂り過ぎは禁物ですが、毎日コップ一杯から目指して!
女性に大人気のトマトラーメン。その秘密は、後味がとにかくさっぱり!ラーメンはカロリーも抑えたいところ。肉はササミを使用するので、よりサッパリとしていて食べやすいです。
家の定番メニューにされている方も多いのでは?今回はケチャップを使わず、とてもさっぱりとした味。お野菜、ベーコンからのダシなので、優しい味にしたいときにお勧め。上の卵もシンプルに仕上げてみました!
夏に食べると美味しいカッペリーニパスタ。イタリアのロングパスタの中でも一番細い種類で、茹で時間もとても短いです。茹で過ぎには注意をして、茹で上がったあとは、しっかりと冷水にとって、さっぱりとしたソースと合わせれば、夏のパスタの出来上がり!!
基本のドレッシングのソースに加えたのは、イタリアカラーのお野菜。余ったペットボトルやドレッシングの空容器などに材料を全て入れて振って作っても良いです。ポイントはしっかり混ぜて、お酢と油を乳化させることで食べやすくなります。
タイを訪れた際に食べたココナッツのデザート。
真夏のジリジリとした暑い日には、マンゴーの酸味に、ココナッツのシロップが相性ぴったり。タピオカが入れば、気分は東南アジア!
さっぱりとしたカレーは、たっぷりトマト使用のフレンチ・カレーです。
疲れた胃にしみる優しさのあるカレーのダシになる味はお野菜から。フレッシュのハーブが手にはいらないときは、乾燥のオレガノやパセリを代用して。
ピリっと辛いオクラと、玉ねぎの甘さが絶妙なバランス。後をひく美味しさは食べだすと止まりません!辛さは唐辛子の数で調節してみて。

Pages