花火特集2017

花見特集 -SAKURA-

夏の風物詩といえば、やっぱり花火。それは、夜空を彩る大スペクタクルショーに魅せられているようで、誰とどこの花火へ行ったのか、夏の一日を鮮明に心に刻む摩訶不思議な装置です。さあ、夏の思い出作りに出かけましょう!

花火大会を地図から探す

北海道

東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州

.

北海道・東北 関東 中部 近畿 中国・四国 九州

  • 北海道・東北エリアのおすすめ

    8月1日(火) 19:30~21:00

    第94回石巻川開き祭り花火大会

    「石巻川開き祭り」の歴史は古く、伊達政宗により港が石巻に開かれたことに由来する…

    第94回石巻川開き祭り花火大会

    詳しくはこちら

スマホで撮る!カッコいい花火写真撮影のコツ

ピントを固定する

打ち上がってる花火にピントを合わせましょう。花火をタッチしたり、iPhoneなら長押しして(「AE/AFロック」)、花火の位置にピントを固定します。さらに露出補正の設定を多めにマイナスにすると、きれいな止まった状態の花火が撮影できます。

手ブレを防止するには

花火のように暗い時の撮影で最も注意すべきは手ブレ! 一番ブレるのはシャッターを切る時なので、タッチしてシャッターを切れるように設定する、スマホ本体とは別のシャッターを切れるものを使う(iPhoneならイヤホン)、安定しているものにスマホを置いて撮影する、などの対策を。手ブレ補正機能が付いているスマホは必ずオンに!

連写または動画でベストショットを切り取る!

連写が面倒という方には、動画撮影という裏ワザも。打ち上がりから開いて散るまで、撮り切ってからベストショットをキャプチャーや編集で切り取って保存します。解像度を60fpsに設定して撮影するフレーム数を増やしておくと、映像も滑らかで、ベストショットが撮れる可能性が上がります。

■動画撮影という裏ワザ!
連写が面倒という方には、動画撮影という裏ワザも。打ち上がりから開いて散るまで、撮り切ってからベストショットをキャプチャーや編集で切り取って保存します。解像度を60fpsに設定して撮影するフレーム数を増やしておくと、映像も滑らかで、ベストショットが撮れる可能性が上がります。