卒業・入学 ママファッション特集

卒業式・入学式のママのお悩み解決!? コーディネート講座 卒業式・入学式のママのお悩み解決!? コーディネート講座

大切なお子さんの特別な日だからなにもかも完璧に 大切なお子さんの特別な日だからなにもかも完璧に

そろそろ卒業・入学シーズンがやってきます。
親にとっても大事なこの日、参列するにあたっての準備は万端に整えたいものです。
式典にふさわしい服装、マナーの知識は完璧でしょうか?

自分の親が浮いた格好や行動をしていると、お子さんはとても気まずい気持ちになるでしょう。
そうならないためにも、参列するお母様方に向けてマナーをご紹介します。

卒園・卒業式編 卒園・卒業式編

上品で落ち着いた装いで、お子さんの門出を祝福しましょう 上品で落ち着いた装いで、お子さんの門出を祝福しましょう

上品で落ち着いた装い 上品で落ち着いた装い

卒業式では黒、グレー、ネイビー等の落ち着いた色味を選ぶのが吉。
「巣立ち」や「別れ」の式典である卒業式に、過度に明るい色はNG!
ただ、もう少し華やかな感じにしたいという方は、ノーカラージャケットや丸襟を選んだり、スカートはラインがふんわりしたデザインのものを選んだりすることで、かっちりとし過ぎた印象をやわらかくできるでしょう。

コサージュやブローチなどで華やかさUP コサージュやブローチなどで華やかさUP

卒業式の装いは、先にもご紹介した暗めの落ち着いた色合いが中心。
そのため、コサージュの色を濃くしてしまうと、ケバケバしくなってしまい、清潔感を感じなくなってしまいます。
そのため、コサージュの色は明るいパステルカラーやペールカラーのものを選びましょう。

OK OK NG

入学式編 入学式編

明るい色を取り入れた着こなしで、式典を華やかに彩って 明るい色を取り入れた着こなしで、式典を華やかに彩って

明るい色を取り入れた着こなし 明るい色を取り入れた着こなし

入学式には着まわしやアレンジしやすいスーツがおすすめです。
また、体型をカバーできるワンピースやアンサンブル等もおすすめ。
卒業式では黒やグレーなどの落ち着いた色が選ばれますが、お祝いの式典である入学式では明るい色を選ばれる方が多いようです。
白、ベージュやパステルカラーなどのスーツは華やかで素敵です。
パステルカラーはちょっと派手すぎる、という方は、上着をアイボリーやグレーのジャケットにし、ボトムスに明るい色をチョイスしましょう。

一着で卒業式も入学式も! フォーマルスーツ着回し術 一着で卒業式も入学式も! フォーマルスーツ着回し術

立て続けに続く式典。その度に新しいスーツなどを買うのは厳しい…というのが、日々やり繰りや家事に勤しむお母様方の本音ですよね?
すでにお持ちの一着も、小物やインナーを工夫すれば真新しい装いになります。これから新しくご購入されるお母様方は、卒、入学式どちらにも着ていけるようなものを選びましょう!

小物 小物

髪型・アクセサリーはどうする? 髪型・アクセサリーはどうする?

きちんと華やかに、おすすめのヘアアクセサリー きちんと華やかに、おすすめのヘアアクセサリー

あくまでお子さんが主役のセレモニー、派手すぎるヘアアレンジは厳禁!
派手すぎないヘアアクセサリーなどで上品にまとめ、カジュアルすぎない、
きちんと感のあるヘアアレンジを意識しましょう。

リボンモチーフが流行中
髪の長さを問わない編み込みアレンジ
上品なパールのヘアバレッタ

きちんと華やかに、おすすめのヘアアクセサリー きちんと華やかに、おすすめのヘアアクセサリー

アクセサリーは、やはりパールが一番です!
暗い色や落ち着いた色の服をお召しになるときは、コサージュで華やかさを出すのもおすすめ!

また指輪ですが、大ぶりな石がついたもの等は避けましょう。
さりげなく、身を飾れるものを選んで上品なスタイルを目指しましょう。

アクセサリーは上品なパールがおすすめ

きちんと華やかに、おすすめのヘアアクセサリー きちんと華やかに、おすすめのヘアアクセサリー

カジュアルなデザインは避け、フォーマルなものを選びましょう。
卒業式ならやはり黒、入学式ならベージュやアイボリーもいいですね。
素材は光沢が抑えられたレザーや布製のものを。
ブランドロゴが目立つバックも控えましょう。悪目立ちしてしまいます。

バッグは派手なものを避けましょう

靴はシンプルで上品なものを選びましょう 靴はシンプルで上品なものを選びましょう

靴はスーツやワンピースに合う、清楚で上品なものを選べば大丈夫です。
派手な柄やピンヒール、エナメル素材などは華美になりすぎるのでNG!
また、ポインテッドトゥは式典においてはNG。ラウンドトゥやアーモンドトゥを選ぶと良いでしょう。
素材は皮革素材がおすすめですが、シルクやシャンタン素材等の布製のものも入学式にはよいでしょう。
ヒールの高さは7㎝くらいが華やかでベストです。しかし、フラットシューズや10cm以上のハイヒール、
プラットフォームパンプスなどの極端なものでなければ、よいでしょう。

OK
NG
NG

先輩ママからのもちものアドバイス 先輩ママからのもちものアドバイス

実際に式典に行かれたことのある先輩ママさんが
もっていってよかった!または、もっていけばよかったと思うものをご紹介!

1. スリッパ・靴袋

父兄用のスリッパを用意していないところもあるので、その場合は必須です!
また、履き替えた靴をしまっておける袋もあればよいでしょう。

2. 折り畳みバッグ・エコバッグ

式典では、保護者への配布物などが配られることが多いので、
フォーマルバッグのほかに、畳んで持っていけるバッグがあるとよいでしょう。

3. カイロ

体育館の中はとても寒いものです。
靴に入れられるカイロや、インナーに貼れるカイロなどで
寒さ対策をしっかりしていきましょう。

4. ハンカチ・ウエットティッシュ、化粧直しグッズ

大切なお子さんの式典です、つい涙があふれて目元のメイクが崩れてしまうこともしばしば、
ウエットティッシュや、簡単に化粧直しができるよう準備していくとよいでしょう。

お子さんの門出を祝いましょう お子さんの門出を祝いましょう

卒・入学シーズンのお母さまは何かと忙しいですが、
お子さんにとっても大切なセレモニーです。
早めに準備して、余裕をもって式典に臨んでくださいね。

思い出に残る、素敵なセレモニーになることを
心よりお祈り申し上げます。