イヴに聴きたい!冬の定番ソング

イヴに聴きたい!冬の定番ソング




みなさま、今日はクリスマスイヴですね。

恋人や友達と過ごす方も遅くまで残業の予定の方も、ちょっとハッピーな気持ちで過ごしていただくために、真冬の今まさに、タイトルを見ればつい聴きたくなっちゃう定番ソングを、年代別にご紹介します。

まずは、2000年代から。



2000年代!冬の定番ソング



■ Everything ( MISIA )
フジテレビ系月9枠で放送された松嶋菜々子主演のTVドラマ「やまとなでしこ」の主題歌。この曲が起用された某カップラーメンのCMも印象的でした。
ちなみにロケ地は横浜の観光名所である赤レンガ倉庫。本来はあのPVほど雪の降らない地域であることは言うまでもありません♪


■ 粉雪 ( レミオロメン )

この時期カラオケで歌えば、サビの部分は大合唱まちがいなし。「こな〜ゆき〜♪」と、タイトルを見るだけでつい歌いたくなってしまう一曲です。
恋人のいない者同士が集まった飲み会で、うさばらしに大声でいかがですか。


■ Lovers Again ( EXILE )

別れた恋人を思う男心を歌ったこの歌、PVの雪景色も切なくて素敵ですよね。内容が妙にイミシンな歌詞も、身を切るような冬の寒さを一段と増長するかのようで独り身のクリスマスには堪えること請け合い♪
今年はとくに3連休なので、寂しがりやさんは、聴いちゃダメ。


■ 雪の華 ( 中島美嘉 )

2003年に大ヒットしたこの曲。その後多くの歌手がカバー版を発表している名曲です。デートで初めてのカラオケ、なんていうとき、女の子はこれを選んでおけば間違いない……はずです。


■ WISH ( 嵐 )

メンバーの松本潤さんが出演したTBS系テレビドラマ「花より男子」の主題歌。ポップな曲調が楽しい一曲。
気分を盛り上げようとカラオケに行ったものの、悲しい系の冬の歌ばかりがつづいてしまって、しんみり。なんとかこの流れを変えなければ……なんていうときにチョイスしてみて。



90年代!冬の定番ソング



■ ゲレンデがとけるほど恋したい ( 広瀬香美 )

90年代の冬の定番ソングを語るのに、広瀬香美さんははずせません。ほかにも『PROMISE』などゲレンデで聴きたい曲がいっぱいです。


■ 寒い夜だから ( trf )

90年代、小室ファミリー全盛期の大ヒットソング。切ない歌詞ながらもアップテンポの曲調が懐かしい一曲です。


■ DEPARTURES ( globe )

竹野内豊と江角マキコが出演した『JR Ski Ski』のCMソング。歌い出しの高音がとても印象的です。


■ 冬がはじまるよ ( 槇原敬之 )

ビールのCMでおなじみのこの曲。軽快なリズムに乗せて歌われるハッピーソングが心地よい、ザ!冬の歌です。


■ Winter,again ( GLAY )

1999年のオリコン年間チャート2位のこの曲。作詞作曲を担当したTAKUROさんの故郷、冬の北海道の風景を歌った切ないラブソングです。ちなみにこの年の1位は『だんご三兄弟』でした。


80年代の夏の定番ソング



■ サイレント・イブ ( 辛島美登里 )

辛島美登里さんは、俳句の世界では、もはや冬の季語にまでなっているそうです。未だにこの時期のTwitterではこの曲に関するツイートが増えることが、ネット上でも話題です。


■ 恋人がサンタクロース ( 松任谷由実 )

映画『私をスキーに連れてって』の挿入歌。発売から30年以上経った今でもクリスマス・ソングの定番ですね。


■ クリスマス・イブ ( 山下達郎 )

とても美しい曲調のこの曲。12月に街を歩けば、今でも必ず一度は耳にする名曲です。







いかがですか。冬のヒットソングは「うわ〜、懐かしい!」と、つい口ずさみたくなってしまう名曲がほかにもたくさん。

今夜はイヴなので、どこかに出かけるのもアリですが、上に挙げた曲を主題歌としたテレビドラマや映画を鑑賞しつつ過ごすのも楽しそうですね。