お正月に生けたい草花

お正月に生けたい草花




スーパーの店頭におせち料理やお正月飾りが並びはじめ、いよいよ今年も残り少なくなってきたことを感じます。そろそろ楽しみにしていたお正月の支度に取りかかりましょう。

普段は生花を買う習慣がないという方も、お正月くらいは豪華にお花を生けてみてはいかがでしょうか。

生花を玄関に飾ることは良い気を取り入れて家に活気や若々しさをもたらすといわれており、風水的にも非常に良いことだとされています。

今回はお正月におすすめの、縁起のいい草花をご紹介します。



■ 松



松は常緑樹で枯れないことから不老長寿を表す縁起のいい木とされ、門松としてお正月には欠かせない飾りです。さらに、縁起がいいだけでなく香りがいいのも松の魅力。

そのため生花でなくても松から抽出される精油には、強い殺菌作用とリラックス効果があり、玄関の空気を清々しい香りに包んでくれます。

松の幹は硬くて、普通のハサミではなかなか切れません。植木剪定用ハサミを用意するか、花屋さんで希望の長さに切ってもらうといいでしょう。



■ 千両・万両・南天



いずれも、葉の緑色と実の赤色のコントラストが美しい樹木です。

多くの植物が枯れてしまう冬に真っ赤な実をたわわに実らせることから、景気が良いことを表す木とされています。

また南天は“難を転ずる”といわれており、悪い気を追い払ってくれるとされています。

千両・万両・南天は非常に良く似ていますが、実は異なる種類の樹木です。
実の付き方や実の量などが微妙に異なるので、自分の好みに合ったものを選ぶと良いでしょう。


■ 梅



古来より春を告げる花として愛されてきた梅。古典の世界では桜よりも多くの短歌に詠まれています。

梅は、まだ雪の残る冬に咲き始めて高貴な香りを漂わせることから、芯の強さや気高さ、不老長寿の象徴とされてきました。

お正月飾りとして買う時には、幹の切り口がみずみずしく、ふっくらとした蕾がたくさんついた枝を選びましょう。

上手に育てると、2月頃から可愛らしい花を咲かせる姿を見ることができるかもしれません。


■ 水仙



梅と同じように、まだ寒い冬に真っ先に美しい花を咲かせることから、春を告げる縁起の良い花として親しまれてきました。

雪の中で咲く姿も多く見られることから、「雪中花」とも呼ばれています。

水仙という名は中国から由来したもので、真っすぐに伸びる立ち姿と強い芳香が仙人を思わせることから名づけられたそうです。

生けるときは剣山にさすと、凛とした姿のまま生かすことができます。
花瓶に生ける際は、少なめの水でこまめに水換えをしましょう。







いかがでしたか。ほかにも、金銀に塗られた柳や葉牡丹なども縁起が良くておすすめです。

またユリやバラなど、存在感のある美しい洋花を取り入れるのも華やかで良いでしょう。

玄関を生花で美しく飾り、良い気をたっぷり取り込んで気持ちのいい新年を迎えたいですね。