春の七草

春の七草




1月7日の朝は、温かい「七草がゆ」をいただくという習慣があります。

七草がゆには、お正月にご馳走を食べ過ぎて疲れた胃腸を癒してくれる効果もあり、栄養たっぷりで体に優しいおかゆです。

また七草がゆに入れる「七草」には、それぞれ昔から伝わるいわれや意味があります。今回は、「春の七草」についてご紹介します。



■ 1: セリ「競り勝つ」



日本全国の山野に自生している植物で、奈良時代にはすでに食用とされていたという記録が残っています。

香りが良く、おひたしや鍋物としてよく食べられており、秋田県ではきりたんぽ鍋に欠かせない食材とされています。



■ 2: ナズナ 「なでて汚れを除く」



ナズナは「ペンペングザ」という呼び名で親しまれるアブラナ科の野草です。

最近はあまり食用とされていませんが、かつては冬期に採れる貴重な野菜としてよく食べられていたようです。

様々な病気に効く薬草としても重宝され、胃腸薬・風邪薬・目薬などに使われていました。


■ 3: ゴギョウ 「仏の体」



ゴギョウは「ハハコグサ」とも呼ばれ、漢字で「御形」つまり仏様の御姿のことを指します。

かつては人々の身代わりとして川に流す「後形仏」の代わりにこの草を流す風習があったそうです。


■ 4: ハコベラ 「繁栄がはびこる」



ハコベラは一般的には「ハコベ」と呼ばれており、よく枝分かれを密集した群衆をつくることから名付けられました。

ビタミンやたんぱく質などの栄養が豊富で、かつては冬の貴重な栄養源として重宝されてました。

また、ハコベラを煎った粉に塩をまぜて歯磨き粉としても利用されていたそうです。


■ 5: ホトケノザ 「仏の蓮座」



ホトケノザは、地面に葉が広がった様子が仏様が座る蓮座のように見えることから名付けられました。

ただし「春の七草」のホトケノザは、現在知られているホトケノザとは別種で、現在は「コオニタビラコ」という名で図鑑に載っています。

現在ホトケノザとして図鑑に載っている植物は食用ではありませんので、野草を採取して食べる際には注意が必要です。


■ 6: スズナ 「神様を呼ぶ鈴」



スズナとはカブのことで、カブの根が鈴のような形をしていることから「鈴菜 (スズナ) 」と名付けられたといわれています。

現代ではカブの根にあたる白くて丸い部分を主に食用としていますが、万葉集には「アオナ」と表記され、その葉が主に食用として重用されていました。


■ 7: スズシロ 「汚れの無い純白」



スズシロとは現在のダイコンのことで、かつてはその真っ白な様子から「清白 (スズシロ) 」と呼ばれていました。

古代から食べ続けられてきた数少ない根菜の1つで、消化を助けたり食中毒を防いでくれる効能があります。







いかがでしたか。1月7日は仕事や学校も始まって忙しい時期ですが、ぜひ家族の健やかな健康を願って七草がゆを味わいましょう。