トップページ
トップページ

花粉症対策にも♪オシャレなまとめ髪

花粉症対策にも♪オシャレなまとめ髪




年々、花粉症に悩まされる方が増えているそうですね。あなたはどんな対策をしているでしょうか。
マスクはもちろん、点鼻薬、目薬など、大変ですよね。

これではオシャレもままならない!今回は、そんな悩める女性たちにオススメしたい「まとめ髪」をご紹介します。
実は、長く伸ばした髪をまとめるだけでも、花粉が顔まわりに付着しにくくなるんですよ♪



清潔感NO.1!「ひとつ結び」



簡単にできるの「ひとつ結び」。会社勤めの方はよくつかうアレンジなのでは。

作業の邪魔にならず清潔感のあるこの髪型。ただ髪を結ぶだけでも、花粉の付着を最小限にしてくれるというメリットがありますので、花粉量の多い日は最低でも、たらさずに束ねることをオススメします。

社会人がひとつ結びをするときに気をつけたいのは、ポニーテールのように高い位置で結ばないことです。見た目はかわいいのですが、幼い顔立ちでないと似合わない上に、仕事においては頼りない印象を与えてしまいます。

そこで、大人の女性にオススメなのが「ローテール」。

最近、海外セレブやファッショニスタのなかでもトレンドになっている結び方です。

「ローテール」とは、頭の下の方でひとつに結ぶこと。高めでなく、首の付け根に近いあたりでひとつに結んだら、トップの髪を少し引っ張り出して緩め、ふんわりさせてください。

たったこれだけの工夫で、いつもの「ひとつ結び」に、こなれ感をプラスすることができますよ♪



大人気!「くるりんぱ」でアレンジ



美容業界では、ヘアアレンジの基本ともいえる「編み込み」。これをポイントとして取り入れることで、オシャレなヘアアレンジが可能……なのですが、一般の方で編み込みができる方は少数なのが現実。だけど、ワンランク上のアレンジを手軽に楽しみたいのも正直なところですよね。

そんな方にオススメなのが、大流行の「くるりんぱ」なのです。

① 結んだ髪の毛の束を少しだけ緩め、結び目の上の部分の髪を半分に割る。

② ①で割った隙間から、毛束を通す。

やることはたったのこれだけ。髪の長い方は、この作業を何度も繰り返すことで三つ編みや編み込みのように見えるアレンジも可能なので、まだやったことのない方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪



・・・残された「前髪」の問題について



■ 1: まとめる・ながす

「後ろの髪の毛はまとめればいいけれど、前髪はどうしよう」

前髪をつくっている方、悩みますよね。「すぐには伸びないし、おろしたままだとかゆいし、いっそのこと短く……」だなんて、早まらなくても大丈夫ですよ。

前髪はできることならばアップにしてポンパドールにするか、サイドに流してまとめ、オシャレなヘアクリップをつけて留めましょう。

最近の流行は、目元ギリギリか少し上くらいの重めの前髪。日本人女性の多くの方に似合うこの髪型ですが、花粉が目に入りやすく、鬱陶しいのが難点。

似合う方は思い切って眉上まで切る「ショートバング」にするのもアリですが、勇気の出ない方は、長さを逆手にとって横に流すと良いでしょう。

ポイントは以下です。

① コテを使う際は、毛先を、流したい方向と逆向きにかるく巻く

② ドライヤーをあてるときに髪を手で抑えてクセをつけ、必ず冷めるまで手で離さずにキープする








■ 2: ヘアターバンやカチューシャでスッキリ!

それでもかゆみが出てしまう方は、ヘアターバンやカチューシャを利用してアップにしてみてください。

額に近い部分の髪を少しだけ引き出してふんわりさせる手間をくわえることで、優しいイメージになりますよ。








この時期は、就職活動のときのようにタイトにまとめるしかない……だなんて、諦めている方、そんなことはありません。上で紹介したように、ちょっとした工夫でオシャレに見えるヘアアレンジもあるのです。

マスクで顔が隠れてしまう分、髪の毛でオシャレ度をあげれば、春の季節を憂鬱に思うことなく乗り切ることができますよ。顔まわりはスッキリ、だけど流行の「ふんわり」「かわいい」が叶う、そんなヘアアレンジでまわりと一歩差をつけてみて。