秋冬素材は小物で取り入れて

秋冬素材は小物で取り入れて




秋を感じる季節になってきました。日差しが和らぎ、心地良い風が吹きはじめると、そろそろファッションも本格的に秋物を登場させたくなりますね。

しかし、秋のはじめであるこの時期、本格的な秋冬素材を洋服で着るには季節はずれな印象を与えがちです。

ですが、そんな素材も、小物に積極的に取り入れることでぐっとオシャレに見せることができます。

今回は、上手に秋冬素材を小物に取り入れる方法をご紹介します。



秋冬素材の代表「ファー」



毎年出回るファー素材の商品ですが、2017年から2018年にかけては、カラフルなファーがトレンドになりそうです。

リアルファーにこだわらない小物を提案するブランドが、パリコレのランウェイでも多く見られた今年。ポリエステル素材などでできたフェイクファーであれば、汚れや雨にも強く、手軽に普段のファッションに取り入れることができそうですね。

ファー素材のサンダルやバッグなど、積極的に取り入れるとオシャレに見せることができますよ。



秋らしい「スエード」



とっても秋らしく、取り入れることで手軽に季節感を出せる素材、「スエード」。色合いもブラウンやベージュなど、こっくりした美しい秋色の商品が目立ちます。

そんなスエード素材を小物で取り入れるならば、小さめのバッグがオススメ。

とくに、フリンジがついていたり、刺繍のほどこされたものなど、エスニック調のものをチョイスすれば、とても今年らしい雰囲気をかもすことができます。


今年のトレンド素材「ベルベット」



今年2017年も、昨年に引き続き、ゴージャスで華やかな印象のベルベットがトレンドになりそうです。

思い切りよく服に取り入れるのも良いですが、今年人気の、ベルベット素材のブーツはいかがでしょうか。

ベルベットのブーツは、秋冬の服に合わせやすく、冬まで活躍してくれそうです。


毎年頼れる「ニット」



トレンド関係なく頼れる秋冬素材「ニット」。まだまだアウターで着るには暑いですが、小物からどんどん取り入れて秋冬を先取りしていきましょう。

ニット素材の帽子はもちろん、バッグやレッグウォーマーなど、幅広く楽しむことのできる優秀素材です。






オシャレ感が抜群の秋冬素材ですが、まだ気温の下りきらない10月初旬では、まだまだ服に大胆に取り入れるのは難しいことも……。

しかし、小物でさり気なく秋冬素材のものを取り入れることで、まわりと一歩差のつくオシャレを楽しむことが可能です。

「まだ早いかも……」と感じる季節の変わり目こそ、小物は次の季節を意識して、先取りしていきましょう。